FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

地味婚にも潜在需要

2014/09/10
少子化も相まって結婚式は地味に。またはしない。金はかけない。
従ってブライダル産業は下降気味..というのが業界の通説であろう。
矢野経済研究所でも挙式披露宴市場は、前年比0.7%減となっている。
式を挙げないナシ婚層は新婚の5割を占めるという。
一方ミキハウス調査ではナシ婚層の6割が実は挙式したいと回答している。
妨げになっているのは施設側の固定観念だ。
着目点はデキ婚率の高さによる。
結婚時点で新婦の4分の1は妊娠しており、その割合は年々増えている。
つまり身重であったり、あるいは出産後であっても式が出来る環境がポイントになるというわけだ。
オリエンタルホテルグループのブライダルが前年比プラスになったのは、妊婦 子連れを積極的に受け入れたからだ。
ベビーシッターを付け、他人の目を気にしなくていいよう個室を付けた。
マタニティのコンサルティングも行っている。
受け入れで肝心なのは見た目の充実より接客サービスの充実。
人口減少の中でも潜在需要は確実に存外する。
(9月8日記事より)
スポンサーサイト
comment (0) @ 食トレンド情報
チョークアートで販促効果 | 食情報いろいろ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。