FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

2014/04/28
ガストは4月24日から、希少部位ミスジのステーキを999円という破格で提供する、「ミスジステーキフェア」を全国で開催する。同社がミスジを使用した料理を提供するのは初めて。
人気の高いステーキメニューだが、他レストランとの差別化を図ったメニューとなる。
misuji.jpg



今回のフェアでは、牛一頭からとれる量が数百グラムという希少な部位ミスジを、贅沢にもステーキメニューとして999円(税抜き)で提供するもの。
ミスジのおいしさの秘密は、適度なさしが入っており、肉質は柔らかく、赤身肉の旨みもしっかりと味わえる点。また、ガストではミスジの“すじ”を丁寧に取り除くことにより、女性やシニアでも楽しめるよう、柔らかさをさらに重視した。

また、一品あたり456Kcalからと、低カロリーのメニューを揃え、ヘルシー需要にも対応している。
(4月25日)
スポンサーサイト
comment (0) @ 食トレンド情報

缶コーヒー ボス ランチと共に売上増

2014/04/28
「脂肪の吸収を抑える」特定保険用食品「BOSSグリーン」がオフィス街を中心に好調だ。
最近よく聞く“トクホ”のBOSSです。コーヒー豆に含まれる食物繊維の一種で、小腸での脂肪の吸収を抑制する効果のある「コーヒー豆マンノオリゴ糖」を配合。
整腸効果が働く女性にも受け、コンビニコーヒーの台頭で伸び悩む缶コーヒー市場で、トクホでありながら、缶コーヒーとしての美味しさを追求し、香り高い浅煎りの豆とコクのある深煎りの豆をバランスよく配合。

BOSS.jpg
ここ数年の、無糖や微糖コーヒーブームや、デカフェの登場で女性のコーヒーシェアも増加傾向にあるという。
コンビニコーヒーの台頭は、飲料業界だけでなく 昼食販売の関連商品としても販売されており、
停滞気味の食品業界に活気をもたらし、底上げに繋がる好材料となるかもしれない。

(4月25日記事)
comment (0) @ 食トレンド情報

近畿大学発 マグロを提供する食堂が話題に

2014/04/23
大阪 近畿大学が入学志願者数で明治・早稲田を抜きトップに躍り出た。
牽引役の一つは同大学の水産研究所が手がけた、完全養殖化に成功した鮪だ。


昨年は大阪駅北側の再開発地区に、近畿大学とサントリーグループ・和歌山県との連携による養殖魚専門の料理店
「近畿大学水産研究所」(大阪店)が開店し、大きな話題となった。
kindai1.jpg

同店では、「近大マグロ」などの養殖魚を中心とした魚料理を多く出している。
研究ノウハウに加え、スタッフも学生も活用し、広報成果を上げている。、
2013年12月には第2号店として、東京都中央区銀座6丁目の銀座コリドー街に、東京店が開業した。
kindai2.jpg

また、学生食堂のイベントや文化祭にも新鮮な刺身を提供するなど、産学共同で大学のイメージアップを行っている。
     (4月23日一面記事より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔の話ですが、近畿大学と言えば偏差値はまぁ並程度。で、マンモスではあるので”スベリ止めクラスの大学”
と思っていたのですが本当に失礼。早稲田を超えての大人気とか、母校と大きく水をあけられました。
(でもそういえば母校はフィギュアスケート高橋大輔選手・織田 町田選手がいますか)

大学生と言えば食べない・金無い・学校に来ない…
で学生食堂は苦労するものだと考えてましたが、近畿大学の食堂は学生の研究や労働力を利用する事で賑わっている様子です。
鮪にちなみこんなポスターが出来るのも大学広報力でしょうか。
3.jpg
comment (0) @ 食トレンド情報

タニタの社員食堂 コラボ商品幅広く

2014/04/23
社員食堂で知られる 健康機器メーカー タニタが幅広い業種との連携を進めている。

低カロリー・無添加・低塩分で満足感。というコンセプトでレシピ本が大ヒット。
その健康ブームを一過性で終わらせない為にブランドを管理しながら、タイアップ商品を出している。
そのキーワードはもちろん「健康」。
タニタとコラボ商品のプリンを出した森永では、脂肪分を抑えてカロリーを減らし
隠し味に黒みりんを使っている。管理栄養士と調理師を加えたマーケティングが功を奏した。
その後もサクマ製菓との低カロリーキャンディー、マルコメとの低塩分味噌などヒット商品は続く。
tnt_ysims.jpg

タニタ食堂とのタイアップを謳えるのは、メニューで実践する考え方ができる商品だけ。
従来は相手からの依頼を待つ姿勢であったが、昨年より「ブランド推進室」を設立。
”社員の健康管理を受け持つサービス”を反映した商品を今後も力を入れていく。

 (4月21日記事より)
comment (0) @ 食トレンド情報

プラスより介護施設用カタログ発行開始

2014/04/05
プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)の社内カンパニーで、
文具・オフィス家具を展開するジョインテックスカンパニー)は、介護・福祉施設向けデリバリーサービスカタログ「スマート介護」創刊号を2014年4月28日に発刊、介護市場に参入します。
kaigo.jpg


全国の介護・福祉施設を対象に展開する営業サポート付きデリバリーサービスです。
ジョインテックスがオフィス向けデリバリーサービス「スマートオフィス」や文教市場向けデリバリーサービス「スマートスクール」で培った実績・ノウハウを活かして展開。

取扱品は、リハビリ・口腔衛生用品、歩行器などのリハビリ専門用品から、イベントで使用するボードゲーム、レクリエーション用品まで約4,500点の豊富なラインアップ。

価格・納期が明示されたカタログ注文によってワンストップで購入でき、翌日配送(※2)でお届け。多忙な介護・福祉現場の購買の手間を解消します。

本事業は「スマートオフィス」の介護用品版として2013年にテストマーケティングを実施。その間調査したユーザー様のご要望を反映させ、ニーズの高い「レクリエーション用品」のラインアップを充実させるなど 独自の品揃えを実現しました。

当社プロマイドの回想商品扱いできないでしょうか…
comment (0) @ 食トレンド情報

学生食堂に続々ファーストフード

2014/04/05
霊澤大学の食堂を運営するグリーンハウスは、食堂内にはなまるうどん、若者に人気のケンタッキーフライドチキンを
組み込み販売することに決めた。
2013060510350897_8.jpg

グリーンハウスでは、これまでも定食類を食べなくなった学生に対し、ファーストフードでのメニューを
出しており、関西学院大学では一般食堂よりも売上が上がり好評との事。
subway2.jpg
写真は、関西学院大学 サブウェイに昼時並ぶ学生達。
今後も欠食ぎみの若年層に向け、好みのメニューでファーストフードのチキンを乗せた丼など提供していく予定。
comment (0) @ 食トレンド情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。