FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

那須パーティ メニュー一部

2014/01/31
先日那須での大規模パーティ ヘルプで訪問。
食堂をパーティ会場にセッティングしたものの、会場は盛況でビュッフェスタイルでも移動に苦労する程。
料理が美しく、活き活きとしていたので、作業の合間に数枚カメラ撮影。
cheese.jpg

チーズ、ハム サラミ盛り合わせ。サンド状のチーズに艶があり、ピクルスの緑も効いて豪華な花壇のよう。

kamo.jpg

こちらも花弁状の器を使い、鴨ローストや肉団子を中心とした鳥のオードブル(違ってたらすみません)。肉系オードブルなのに非常に鮮やかでフレッシュな印象。

fune.jpg

開始ギリギリに登場したお造り舟盛り。活鯛の姿造りをはじめ、鮪や鯛、烏賊をふんだんに盛り込んだ豪華な逸品でした。こんな職人技が出来るのは強みですね。バタバタで鯛の頭が撮れず残念。

age.jpg

唐揚げ・ポテトなど揚げ物中心。時間が経ってもサクサク感があった為か、お持ち帰りご希望の方もありました。

foodpic4506250.jpg
fruits.jpg

ベリータルト及びそれを囲うケーキデザート一式 そしてフルーツ盛り合わせ。早い時間から大人気で無くなってしまいました。
他にもサーモンマリネ・にぎり寿司・サンドウィッチ・エビチリ・クリームシチュー ライブ感のあるローストビーフとどれも全く崩れる事なく見事でした。
一品一品出る度に群がるお客様を拝見してる限り 味も素晴らしかった事と察します。
思ったよりアルコールの類が出ず(車で来られている方が多い?)、もっぱら食事が人気でした。
レセプションに相応しいパーティメニューでした。カメラの限界で、本物はもっとふんだんで美しかったのすが。


スポンサーサイト
comment (0) @ 食堂

消費税対応 続き

2014/01/26
食事現場での消費税はどうあるべきか。記事後編が24日に載っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税対応は現場対応者だけが必死になっても、企業や管理職全体で取り組まなくてはなりません。
組織として、今回の増税の時間的制約や競争激化の中でご利用者に理解してもらう対策が必要です。
20131029_005.png

既に食事購入を買い控えるというアンケートの前提に立ってみます。

●消費税の仕組みを理解⇒外税方式といった転化方式決定

●全社的な対応⇒増税への取り組み決定 資金繰り対策

●内部の対応⇒仕入先の情報収集 利幅の推測

●ご利用者への対応⇒プライスカード統一、切り替え期の納期対応、クレーム対応交渉力の強化

といった流れを作る直に作る事です。
消費税増税という逆風はどの会社も同じですから、対応の優劣がその後の会社の展開に大きく変わってきます。
仕入れや経理という守りの部分だけではなく、新商品化提供など攻めの対応も必要です。
これも現場スタッフがお客様の声をキャッチし、本部が商品化や情報共有するという連携プレーが大切になります。

販売促進活動では駆け込み需要の見込める3月は、高級感や豪華さを今なら割安でといったプッシュ型、
増税後の4月は商品のバリエーションを見せ、昨年とは別メニューを出すなどが一般的です。
これらの方針を含めた販売計画を作成して実行し、その振り返りと軌道修正を行う事が組織としての対応です。

「増税は国の決めた事で、値上げは店の責任ではない」という態度をご利用者に見せないよう
会社としては留意したいものです。
まずは消費税に関する情報の共有が必要だという意識を全員が持つよう、推しすすめる事からです。
この報連相が機能すれば、次のトラブルやクレームにも応用できます。

今回の増税を好機と捉えて組織力向上の機会としてほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・
日本商工会議所 中小企業診断士 秋島一雄記事より
結びは前編と一緒でした。
comment (0) @ 競合店・他店

足立区役所の食堂で糖尿病対策

2014/01/20
20日記事より
・・・・・・・・・・・・・

足立区役所は区民の成人病対策として、食堂などで糖尿病対策メニューを出す事に決めた。
糖尿病の予防講座を地元市場と共に実施するほか、市場と取引のある小売店などに野菜を使ったメニュー作りを呼びかけている。
区民の交流サイトを活用して旬の野菜や糖尿病対策の予防効果などの情報発信し、市場と連携したイベントを充実させる。野菜を食べやすい街づくりをいっそう強める。
足立区では区全体でヘルシーメニューの取り組みや、取り組み実施の店への認定活動を行っており、本も出版している。
08_07.jpg

…この食堂は昨年プレゼントで別業者に敗れたところでした。
食堂自体はさほど整備されている思えなかったのですが、
健康への対策は成人病予防、咀嚼力アップ、野菜活用など多岐にわたっており
地産地消と健康への取り組みが細かく、我々の情報ではプレゼン出来は散々でした。
負け原因はこの点だったでしょうか。

負けたプレゼンでも敗因分析をしなければと思いつつ、なかなか手がけておられません。
悔しいですが春にしっかり見に行かなければなりません。
comment (0) @ 食トレンド情報

消費税対応 MJ記事より

2014/01/19
消費税増税がいよいよ迫ってきました。
税率アップ分をそのままスライドして、ご利用客が変わらなければいいのですが、食とはいえ買い控えは懸念されます。
17日発行の日経MJに収益確保の為の知恵と題した記事が載っていましたので転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消費税増税後の価格表示には、税込価格のままとそうでない非表示価格対応と2種類があります。
増税が実施されると、どの業界に於いても消費マインドは冷え込みます。
そのため今までどうりご来店頂くための対応が大事になってきます。

そもそもご利用者がなぜあなたの会社の商品を選択するか、まず考えてみましょう。
ご利用者は商品を選択する時に、その価値と価格を短時間で比較し、価値が高いとみなした場合に購入します。
消費税増税を国民の義務と納得して払うと思える割合は少ないのです。
graf.jpg

消費税によって購入単価を上げた事により、あなたの会社の商品が価格よる高いと知らせる必要があるのです。

価格をそのままにして、体力勝負をするやり方には限界があり消耗するので避けた方が良い。
逆に消費税対応時にきちんと納得できるようにすることで、お客様のと関係維持が図れるのです。

<どうやって対応するか>
商品の価値が価格より高い、と判断してもらわなければなりません。
上乗せするのは当然。という態度をあからさまに行う事は避けたいものです。
まず
・目新しい商品を投入すること
既存商品の見直しを含みます。新商品の導入はお客様に新鮮な印象をもたらすとともに
新価格の設定をしやすいというメリットがあります。
・接客対応力を上げる
商品そのもの以外のところで価値を認めていただく一方法です。
・見せ方の工夫
広告を行っている場合は、写真その他魅力的な表現に注力しましょう。
・商品構成の見直し
低価格の商品を数多く出し、多売を狙う方法もあります。
また増税前にしっかり仕入れを行い在庫確保により、4月にキャンペーンを行うのも良いでしょう。

見方を変えれば 消費税増税を機に自社・自店の体質を見直し柔軟な戦略ができる機会です。
価格が上がっても来店してくれるお客様との関係強化のチャンスと捕え、しっかりと長い目で見ていく事が重要です。

(日本商工会議所 中小企業診断士 秋島一雄氏)
comment (0) @ 競合店・他店

yahoo 飲食店ネット予約

2014/01/15
yahoo飲食予約情報サービスが昨秋からスタートしました。
飲食店ネットサービスは、グルメ口コミサイト「食べログ」・ぐるなび等ご存じの通り劇的に増加。
利用者は2年間で10倍という勢いです。
スマホ利用によりこの動きはさらに加速見込みですが、予約を受ける側にとって必ずしも楽ではありません。
予約の管理に時間がかかり、簡単に取り消しされてしまう事も多く店側のフォローなど手間も多いです。
また情報は生ものの為、情報を常に更新しないと表示順位が下がってしまいます。
そんな状況で、76万店舗あると言われる食べログ掲載店のうち、ネット予約が成立する店はまだ1万店舗との事。

yahooが開始したサービスは、掲載無料
独自のネット予約システムを導入しなくてはなりませんが、

地域情報yahoo locoと連動している為、「浅草」「レストラン」等と検索すると
下記のように”ネット予約ページのリンクが貼っている為、スマホ持参で飲食店を探す層にとって
便利。1年後2年後には有効なツールになっていると思われます。

yahooyoyaku.jpg

新宿 居酒屋で検索した例↓

yahooyoyaku2.jpg

グルメサイトと違うのは、予約されたというお知らせは来ない為、常にyahooをチェックをしてなければならないという手間もあり。
集客手段として視野に入れると共に、旬な情報をいかに出せるかがポイントと思われます。
comment (0) @ 食堂

はなまるうどん冬の新商品

2014/01/10
同志社女子大学 実践栄養学研究室監修の商品も投入
体も心も温まる「生姜玉子あんかけ」シリーズ

色々な意味で社員食堂市場を脅かす吉野家・はなまるうどんですが
冬の限定 生姜を用いた同志社女子大栄養学科とのタイアップで行うと発表しました。

■「冬季限定あんかけうどん」
「生姜玉子あんかけ」「明太生姜玉子あんかけ」「きのこと塩豚の生姜玉子あんかけ」きのこと塩豚の生姜玉子あんかけ」
いずれも同志社女子大学 実践栄養学研究室に監修され 食べ応えと栄養バランスを両立した商品との事です。

商品価格は 小サイズでも400円~大きなサイズは700円までとちょっと高め。
あまり変わり映えのしないメニューにならないよう各社凌ぎを削っています。

news01_01b.jpg
comment (0) @ 食トレンド情報

ビジネス向け惣菜パック 「おかん」

2014/01/08
日経MJ記事より 

福井で人気の惣菜店「オレボキッチン」が調理・製造 東京に進出して満を持しての食ビジネス「オフィスおかん」
個人向けに惣菜宅配を行っていましたが2月より、オフィス向けの食提供開始。

●食事が疎かになりがちな忙しく働くビジネスパーソン

忙しい毎日、身体の健康も気になるのに食事に十分な時間は確保できず自炊できない会社員の方へ。
健康的な“ごはん”が食べたいものです。
会社に「おかん」のおかずがあることで、あたたかな“おふくろの味”がいつでもあなたに安らぎを届けます。
オフィスにストックしてある「おかん」の惣菜をレンジでチンすればたったの5分で健康的な食事が目の前に。
photo_okazu_01.png

12種の惣菜(鯖味噌煮。肉じゃが、和風ハンバーグ、肉じゃが、野菜煮物等)より、時期や旬、製造状況を加味しお届けに最適なお惣菜を選び、指定のオフィスへお届け致します。
毎回1〜2種ずつメニューを変更しております。また、3〜4ヶ月に一度を目安に新メニューの追加を予定。
老舗惣菜店オレボキッチンに並ぶ惣菜をそのままの美味しさでお届けします。
との売り。1食平均300円の商品を近隣にお店のない会社に届けていくそうです。
無添加が売りではあるものの、出来立てシズル感は少ないか??
…の商品ですが、弁当の競合ではあります。
photo_himitsu_01.png
photo_himitsu_04.png

発売元CHISAN おかんの惣菜↓
http://okan.jp/product/

comment (0) @ 食トレンド情報

マルハ 冷凍食品農薬混入の恐さ

2014/01/05
年末年始の慌しい最中に報道され食の安全を震撼させた 
マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の群馬工場農薬が検出された事件。
m20140105k0000m040046000c_20140105k0000m040051000p.jpg



工場内の作業はポケットのない作業服を着用し、消毒済みのゴム手袋を使用。
また、通常は1人で作業することもないという事で、内部犯行からテロまで様々な説があり戦々恐々です。
臭いがきつい農薬らしいので、室内に持ち込めば誰かが気付くはず。
誰が何の為に?は依然不明。
大手国内メーカーの冷凍食品の出来事。
年明け提出のタイミング入札案件で、
「農薬事故が起きた時の体制はどうなっているか」
という提示項目があり、提案書上「安全な仕入れを行っている為 事故の可能性無し」と提出しました。
一瞬で失われる食の安全性。今話題のTPP締結後 輸入食品の扱いもあるかと思いますが
仕入れ管理 尚一層大事にしてもらえればと感じます。
comment (0) @ 商品情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。