FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

味噌汁と血圧の相関関係

2013/12/25
味噌汁の塩分 高血圧でも大丈夫?
という見出しのニュースを発見したので記録しておきます。
ネタ元はみそ健康づくり委員会~全国味噌工業協同組合連合会(全国8ブロック・48組合・958企業で構成される)

味噌汁の塩分が高い!という声は聞きますが
第36回日本高血圧学会総会(平成25年10月26日発表)、共立女子大学の研究では
味噌汁の摂取頻度と血圧の間に関係性は認められないこと、また1日1杯程度の味噌汁のある食生活が血管年齢を10歳程度改善する傾向があることが発表されました。

栄養士の方は詳しいでしょうが
味噌汁1杯150mlを飲む時の塩分摂取量は1.2g~1.5g前後で、相対的に塩分はそれほど多いものではありません。
高血圧の原因になるといわれるナトリウムはカリウムを摂取すると、体外に排泄されやすくなるとの事。
味噌汁には、野菜や芋類、ワカメなどの海藻といったカリウムを含む食品を使います。こうした組み合せで中和されているので、さほど塩分自体を過剰に心配したくてもいいとのニュース。

さらに今回の研究結果では
動脈の硬さを反映する、血管年齢の指標「CAVI値」(動脈硬化が進行するほど高い)を見ると、
1日1杯程度の味噌汁のある食生活がCAVI値を低下させ、血管年齢を10歳程度改善する傾向が確認されたとの事。
味噌に含まれる良質のタンパク質をはじめ糖質や脂質、ビタミンB群やビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルなどを多様に含むこと。
eiyou_20131225175247738.jpg

また味噌の色の話。
大豆、麦、米またその混合 材料と熟成期間により色が変わりますが
みその赤い色は、原料の大豆に含まれている成分が発酵・熟成の進む間に変化したものです。
米の比率が多く発酵・熟成期間が短い白みそは色が薄く、大豆だけを使い長期間発酵・熟成させる豆みそは色が濃いのが分かりやすい例です。
さらに白みそは大豆を蒸さずに煮るなど、着色させない工夫を製造工程の随所に取り入れているとか。
天然の色なのですね。
miso-color.jpg


発酵していることで 栄養素が吸収のよいアミノ酸やブドウ糖に分解されています。
和食が世界遺産に登録された事で、一汁山菜の味噌文化はより見直しされるかと思います。
塩分は気にせずに!とまで言わなくても、栄養価の高さは定食に欠かせない役割として伝えていいと思います。

スポンサーサイト
comment (0) @ 食トレンド情報

ハーベスト 千代田区役所食堂

2013/12/17
霞ヶ関の帰りに立ち寄り。東京ど真ん中千代田区役所食堂・
図書館の上でもあり一般利用が多い。座席は400位?
11時から開いている食堂の入口には450円~600円の揚げ物・ヘルシー・和定食3サンプル。
ほか麺類や丼。カレー(¥350-)とラインアップはスタンダード。
私は¥450-の定食(サバ南蛮漬け)。

tiyoda_201312172320304e2.jpg

(ご飯の量は大中小と依頼)小鉢は¥50これ以外に根菜なども数種。-サラダ¥100~¥200などあります。
前に食べログでご飯が不味いって書いてあったので、バカにしてたのですが
悔しい事に美味しかったです。米の味がする。
ここはも皇居のお堀が見えて、絶景のモデル店だから力が入っているのか?
味噌汁も…具沢山で御座いました。力入ってる。

米に自信があるからか、炊き方ウンチクがPOP表示されてました。秋田米だそうで。
食堂で米が美味しいというのは大事です。
あと小鉢に使ってる野菜が微妙にオシャレ。いんげん白アスパラかぶらししとう。
それから健康訴求。

RIMG0005.jpg
噛み方、食べ方順、あと食後の運動の大事さですね。
コレが効いてました。ただポスター色は汚い。
埼玉県庁 ○洋フードのどこで食べても同じ~テイストよりは良い例と思います。
また来ようと思いますからね。
comment (0) @ 食トレンド情報

消費税増税 各社の対応

2013/12/08
来年4月 実に17年ぶりとなる消費税アップ。
円安などによる原材料高騰、賃金上昇に伴う人件費に続き 大きなダメージが予測されます。

食堂産業・外食産業が消費膳対応をどうするか
2月くらいに発表されると報じられてますが、一部外食産業の対応を記載。

●はなまるうどん 
早々に11月5日、全商品平均1%値上げを行いました。
定番の「かけうどん」は小サイズで税込み105円から130円と大きく引き上げる一方、
「塩豚ねぎうどん」などは399円から400円へとほぼ据え置き、高額メニューへと誘導する予定。
そして、この価格を「来春の増税後も据え置く」。
つまり、”消費税が上がっても”上がっていないように見せる”事前策です。

●日高屋
ご存知390円看板でおなじみ。こちらは看板修正コストが増大になるとの判断から
主力商品の中華そばは据え置き。一律の上乗せには客離れの懸念があり行わない。サイドメニューへの価格上乗せでの吸収も考える。との対応です。
日高

●まつ屋 ●吉野家
280円の定番商品を、10円単位で値上げするかどうか検討中。

●モスフードサービス 
増税前から、総額・税抜き価格を表示する。その後どこか切りのいいタイミングで3%増加を行う。
ぎりぎりまでどの商品にいくら上乗せするか見極める構え。

アベノミクス経済効果がまだ見られない家計では 多くの家庭で食費節約を行う予定。
guraf.jpg

様々な食堂会社も様子見の状況でしょうが、他食堂が価格維持を取った時 利用者離れが懸念されます。
増税タイミングで一気に上げるのではなく
・先行してアップできるものは上げられないか検討する。
・今から総額・税別の表示をしておく。
・消費税アップ 原材費高騰に理解を求める表示をする。

など、柔軟に対応し、逆風を乗り越えていけるといいのですが…。逆風の春 守りの営業も必要と感じる昨今です。
comment (0) @ 食トレンド情報

和食を見直す ~世界文化遺産~

2013/12/05
大々的に報道されてましたが ユネスコが日本「和食 日本人の伝統的な食文化」を、
無形遺産に登録することを決めました。

記事に寄れば、季節の行事との関連、地域の特産物、盛りつけの美しさ、という点が訴求点のようですが、
、長寿に繫がる事も評価されたようです。
ご飯に味噌汁に主菜・小鉢が一つ二つという「定食メニュー」取り組みは各社PRに凌ぎを削っていく事が予想されます。
・食バランス ・米 ・味噌 ・調味料も日本だけでなく、世界中で使われていくような時代が来るのでないかという意見も様々なニュース意見にあり。

・四季や地理的な多様性による様々な食材
・田植え行事と密接に関係する農業文化
・「フランスの美食術」「地中海料理」、「メキシコの伝統料理に次ぐ快挙
・うまみを多く含むダシの使用、みそやしょうゆなど発酵技術
・包丁など独特な調理道具で食材の持ち味を引き出す工夫

どの切り口で訴求しましょうか…
mukei.jpg
comment (0) @ 食トレンド情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。